遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

因果ガレージキット組立方法その2-針金入れて組み立てる編- 

今回はパーツに針金を仕込んで組立ていきます。
今回の因果。
ダボは一切つけませんでした。

理由
・複製時にダボで型が破損する率が高い。
・ダボがヘタすぎて意味をなしてない。

といった具合。
こう、カチっといきたいけど、微妙にカッチいかない。
いっその事、ダボ無しで行こう。と思い今回はダボ無しです。
無しだけど、それではパーツ取り付け位置が分からないから、
向きが必要な所は、2か所針金跡を残してます。
2点が決まってたら判断つきますよね。


ダボもすこしずつ正確に作れるよう精進します。


ではでは、今回の工程は続きから前回までで表面処理は軽く終わっているものとします。
ちなみに、自分は組立処理してから表面処理やってます。
順番が逆ですね。

今回使うもの
SH3K1000.jpg
通す針金。ピンバイス。真ん中の黄色いのもリューターに付けたピンバイス。
リューターがあると作業が断然早いです。写真のリューターは威力が弱くてチト使いにくい。

穴をあけて針金通してパーツを連結。です。


針金を通す穴はパーツの断面を見ていただければ分かると思いますが(凹んでるか凸ってるかのちっちゃい点)…分かりにくそうな部分を説明します。

まずズボンと胴体部分
上半身側
SH3K1005.jpg
ズボン側
SH3K1008.jpg
分かりにくかったら、ズボンのボタンとシャツのボタンが同じ位置に来るのが正解としてください。
そこで新たに穴を開け直す。

左足とズボン
SH3K1009.jpg
ちょっと上と中央の2か所に穴があります。
2点で位置固定。

SH3K1010.jpg
風守パンダにも針金穴があります。ボタン2つの下。

SH3K1014.jpg
台座は3か所。足の方におまけのプラ棒を差し込んでください。穴はあいてます。
写真はアルミ棒(3mm)強度が心配な場合は変更
3か所だけど、なんとなく2か所でもいいような…

あと靴の鈴は中央に穴を開けようとせず、どちらかの球体に向けて穴を開けた方が良いと思います。刺さる部分が増えるから。


とこんな感じで穴をあけ、針金を通していきます。



あと、パンダキャップパーツも合体させます。
SH3K1015.jpg
左の針金穴は信用できるけど、右側はちょっと怪しいです。
どちらも断面の形を合わせると上手くいきます。
ここは、最後にパテなどで隙間を埋めてしまうので、形はどうとでもなるのですが…

そのまま合体させてもよいのですが、組立できるか確認する意味でも、一度キャップをかぶせながら合体させる方法をお勧めします。
SH3K1018.jpg
この状態で結合部分に瞬間接着剤を流し込み固定。外してから、パーツの隙間をパテやシアノンで埋めていきます。
微妙に合わなくても、パンダキャップが伸びてくれるので多少はなんとかなります。
とりあえず、偏らず頭にはまったらOK。

パーツは塗装前にちゃんと全部組立ましょう。
あとで、「ここがおかしかったーー」ってなっても遅いです。
SH3K1013.jpg

ここまで来たら、塗装…の前にサフ…の前に。

パーツをクレンザー+中性洗剤で洗って下さい。
ガレキにはシリコンスプレーがバンバンついてます。
ちなみに、1回じゃ不安という方は、パーツ確認後にも洗浄してください。
時間が無い時は、もう、1回だけで済ませます。

次回は、サフと塗装です。



その3へ飛ぶ

カテゴリ: UN-GO因果(GK)

テーマ: フィギュア制作

ジャンル: サブカル

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/1444-bef4143d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP