遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

神威がくぽ ちっちゃいVer.ガレキ組立補足 

がくぽの補足説明です。
まず、こちらもパーツが全てそろっているかどうか確認をお願いします。

SH3K1384.jpg
こちらも汚い原型写真ですみません…
商品はちゃんとピュアホワイトです。ちょっとお値段はるピュアホワイト使わせてもらってます。
顔は肌色レジンです。
合計13パーツ
足りなかったら即連絡!
リボンと湯呑みがちっちゃいです。無くさないように注意してください。
あと、お盆が、ざるの隙間から排水に流れる危険があるので注意です。(流されました)

パーツ大丈夫そうなら組立に移ります。
続きからどうぞガレキの基本的な組立方法は、過去の「鏡音レン」組立記事に詳しく載っていますので、そちらを参考にして下さい。
ここでは、補足説明を重点的にしていきます。

まず、組立
複雑な形ではないので、組立が難しい部分はあまりないと思います。
ガレキの特質上、ゆがみなどが出ている場合があるので、その辺をパテや削りで上手く調整して下さい。
あとは表面処理。
台座だけは少し修正が必要です。
SH3K1327_20130214213947.jpg
床と壁の接合部分、3か所ぐらいに真鍮線を仕込み、壁を立たせます。
正しい壁の角度は、90度ではありません。95度ぐらい後ろに少し倒れます。
壁側の下端が地面と水平になるのが正解。
結論的には、手前に倒れて無ければ良いのです。
真鍮で固定してみて、床と壁の間に隙間が出来てそれが気になるようだったら、パテを使って埋めます。
壁側でも床側でも好きな方にパテを盛り、反対にはワセリン、硬化を待って、パリっと外す。ぴったり組みあがるパーツになる。ってな感じで。

組立が難しいのはここぐらいでしょうか。
後、お盆に開いてる穴は、お茶を立てる穴です。もう一か所お団子穴もあけて、両方貫通させて台座にそのままくっつけてます。位置は、微妙に床に穴があいてるはず。

SH3K1333.jpg
一旦、仮組。

仮組は必ず行ってください。

そして、塗装。
塗装も過去の記事に詳しいです。Pm(プロメチウム)が一番近いかも。

がくぽは、手塗りでもいけるように顔だけカラーレジン
SH3K1344.jpg
左がエアブラシ塗装・右がカラーレジン。
そんなに違いがありません。
白眼だけ塗っておいてください。

配色レシピ

がくぽも「みるきぃぱすてる」を使用しました。
髪の毛…クリームオーキッド
衣装模様…スマルトブルーに白プラス
床…こげ茶ちょっと黒プラス
壁…こげ茶黒

各部分の黒が強くなりすぎないようにしました。
必ずこげ茶をいれたり、白やクリアで薄めた物を使ってます。

模様も手描き
SH3K1382.jpg
SH3K1381.jpg
SH3K1380.jpg

シャドーなどは入れてません。
花弁も筆で描き込みました。

一旦クリアを吹いて、顔塗装
SH3K1349.jpg
アクリル使ってみたいなーと思いつつ、毎回、エナメル使ってます。
SH3K1347.jpg
顔の描き方も過去記事参照。
黒部分を描いてから、瞳の色を塗ります。
できたら
つや消しをさっと吹いて、お好みでチークをパステル粉で付けてあげます。

そして、組立。

完成です。

展示見本は、位置が自由に動かせるように、がくぽを座布団に固定してます。
座布団と床は固定してません。
お団子セットは無くしそうなので、固定しちゃってます。


DSC00667.jpg
できたら一緒にお花見してあげてください。





カテゴリ: 神威がくぽ(GK)

テーマ: フィギュア制作

ジャンル: サブカル

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/1613-710b327a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP