遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

買った某フィギュア雑誌 

毎号楽しみにしてるページのワンフェス作品の隅っこの方に、小さくですが自分のアイランドモードの写真が載ってるのを見つけて、心臓がドキーーン!となりました。
しかもコメントまで付けていただいて…うれしくて、その後、一時間置きずつそのページを眺めてしまったという。

うれしいなー。白黒で本当にちっちゃくても、うれしいものはうれしい。




逆にちょっと残念だなーと思うのは、「これはガレキ作品だろう。」と思った、個性的で面白い作品が、完成品一般販売ものだった時。
まあ、何でも完成品で手に入る良い時代になったといえば、そうなのですが、「ガレキ」でしか出せない個性の作品ってのも残って欲しい今日この頃。


あと、「この作品すごい繊細!形キレイ!」って思った作品が、3Dプリンターものって分かった時。
何か、だまされた感が…。
機械で作ってるんだから、細かく正確にできるよね。って思うと、何だか素直に感動できない。
これも時代の流れといえば流れなのだから、しょうがない。
手作業フィギュアが滅んだら、作っている方としては、それはそれで寂しい。

カテゴリ: 【日常】

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/1840-331c19fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP