遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

ガレージキット【鬼灯と白澤】作り方補足説明2-塗装しましょう。- 

ちっちゃいフィギュアの良い点は、多少表面処理が甘くっても、塗装が甘くっても何とかなるってことでしょうか?
肌色多めのスケールフィギュアなどになるとそうはいかない。
処理の甘さがはっきりわかってしまうから、念入りに念入りに磨きをかけないといけない。(まあ、それはそれで人によっては楽しいと思いますが。)

そんな感じで、ちっちゃい今回もゆるーく塗ってます。
(塗っていきましょうじゃなくて、塗ってます。です。)


続きから。
今回は、ほぼ筆塗り。
ほぼ。というのは、白い部分と最後のクリアー保護のところでエアブラシを使ったからです。ついでにツヤ消しも。

面相筆一本持って、薄い色から色を付けていきます。一番最後が黒。
ちゃっちゃとやれば一晩はかからない作業。

プライマーとか要るんでしょうか?
無くても筆塗りだし…離型剤とか油とかしっかり除去できてればいいんじゃないかと。

筆塗りで大変そうなのが、肌ですね。
透明感ある肌にしたい。なので、今回は、通常の肌色レシピ塗料を薄く薄くしたものを使ってます。クリアーと溶剤でかなり薄めてます。そうすると、なんとなくエアブラシで塗装したみたいな肌色になります。
全体が完全に乾いた後に、濃くしたい部分を塗ると良いかと。下の塗料をはがさないように。これでだいたいOK。

他もだいたいそんな感じで、クリア+溶剤でかなり薄めた塗料を面相筆でペタペタ乗せるように塗っていきます。

ムラはあえて作ってます。作ったほうがつまらなくない。と思います。

白澤の白衣のシャドーは紫薄く入れてます。
IMG_20140129_124920.jpg
使いまわし画像。

台座もこんな感じで
IMG_20140205_213428.jpg
結構適当。意外と見えなくなっちゃう土色部分。

全体の色が塗れたら、クリアースプレーで一応保護しておいたほうが無難かな。無くてもいいけど。
顔は、エナメルやアクリル使うとやり直しができて良いです。
白澤のデコにアレが無いのはスルーしてください。
IMG_20140205_213408.jpg
瞳はデカール貼ります。もちろん手描きも大歓迎。
好きな顔にできちゃうのがガレキの面白いところ。
デカールの貼り方は、過去の記事が詳しいので、こちら参照。
デカール貼り方
目まで仕上がったら、もう一度クリアで保護。
最後はツヤ消しスプレーしてテカテカを無くします。テカテカが好きな人はそのままでも。

ピンクパステルで目のふちと鼻の辺りに赤みを追加。これだけでなんとなく可愛い。ついでにウサギの耳や尻尾も赤くしてあげると可愛いです。

後は組み立てるだけ。

接着は5分硬化のエポキシ。塗料溶かさないし。最近はこれに落ち着きました。
接着面を削ってどんどん接着。塗料で接合穴がふさがってる場合がありますので、ちゃんと組み立つかどうか再度確認してから接着してください。
IMG_20140205_214424.jpg
まずは雲。こんな感じで。ウサギも。
IMG_20140205_214518 (1)
金魚草追加。説明書にも書いた通り。真ん中の子が白澤の脚に干渉しないように注意です。

この後、鬼灯と白澤をくっつけて完成。
鬼灯白澤
お疲れさまでした。



15gで717円なら

80gで948円を買うよね?


自分は、いつも箱の方使ってます。が、なかなか無くならない。無くなる前にチューブの方が劣化しそうな。
鮮度が落ちるとか考えたら15gの方でも良いのかもしれない。でも、値段あまり変わんないしなー。

ちなみに15gの方は、会場で展示見本が壊れた時の為、緊急用としてワンフェスにいつも持ち込んでます。
使ったことないけど。あと、会場捜したら、もっと良い物売ってそうだけど。


以上、鬼灯と白澤の補助説明でした。

カテゴリ: 鬼灯の冷徹(GK)

テーマ: フィギュア制作

ジャンル: サブカル

[edit]

PAGE TOP

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/05/09 13:29 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/1903-4eb46d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP