遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

【セブンスドラゴン NAV3.6ミロク】ガレキ補足説明 その1 

ミロクの方も説明始めます。

IMG_20140120_192850_2014021823214535f.jpg
レジンのパーツは全部で14個。
これに、瞳デカールと

あと、浮いてる画面のために、青いプラ板3枚+にはる透明シール+ちっちゃい釘7個ぐらい(余分目に)が付いてきます。

正直、浮いてる画像分、価格を見誤りました。やりたい事やったら、追加パーツが増えて大変なことに…

それは、さておき。
パーツ確認をお願いします。

ちっちゃいパーツは少ないですね。コードと腰回りのパーツの3つがちょっと分かりにくいかも。


では、続きから、まずはこちら…fc2_2014-01-21_01-27-56-235.jpg
いつも通り、ゲートとパーティングラインをチャチャと削り、洗って下さい。

以前に紹介したこんな道具使ってみました。
IMG_20140120_193910_2014021823214761a.jpg
デザインカッターの代わりに。
平面じゃなくて曲で削れる道具です。

予想以上に使える。これだけで、パーティングライン処理が済むぐらい。
デザインカッターだと削り過ぎちゃう所を、やさーしく一皮むける感じ。

唯一、これの弱点を挙げるなら、薄くてシルバーなので、存在感が無い…つまり、結構、どこにあるのか分からなくなっちゃうことですね。一回、新聞紙と一緒に捨ててしまう所でした。


肌の部分は、結構、表面の凹凸が目立つ所なので、しっかり表面処理をします。



最近、シアノン+ベビーパウダーってのを覚えました。
シアノンオンリーだと固まってくれないような大きめな穴も、この方法なら固まってくれます。しかも、良い感じの硬さになる。
ベビーパウダー多すぎると、ちょっとベージュっぽくなります。



IMG_20140126_174941.jpg

補強線も入れていきます。
腕の所は、念のため2本。脚も2本の真鍮線1mm。他も、真鍮線1mmを入れます。

足と台の接合部分のみ、2mmと3mmの(付属の)針金を使って下さい。
IMG_20140126_175218.jpg
足には、一応、レジン部分で同様のダボがあるのですが、レジンじゃ強度が足りないと思います。
なので、それは、一旦、ザクッと切って、同じ位置に針金を仕込んで下さい。

前が2mm後ろが3mm


できましたら、一旦仮組立。

コードは、説明書に書いた通り。
左腰前から取り付けて、その上に腰後ろパーツ。コードの先端は耳の後ろに来ます。
最終的な取り付け方も同様で良いかと。顔を固定して、腰後ろも接着して、一番最後に耳後ろのコードを接着。ですね。


74822.jpg

あと、ここで、もう一つ。
一番最後に、透明画面を持たせるために、説明書通りの箇所に穴をお願いします。
2か所ずつ。針金が指し込めるぐらいの厚みがある所を狙って穴を開けます。
3mm~5mmぐらいの深さで十分じゃないかと。穴は、1mmで。


組立ができたら、ひたすら表面を磨く。


次は、塗装です。

カテゴリ: セブンスドラゴン(Gk)

テーマ: フィギュア制作

ジャンル: サブカル

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/1906-a394e113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP