遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

最低限の材料と道具でピンキー改造 その2 ?道具はこんな感じです。? 

さてさてピンキーをつくる道具編。
道具は、ホント、こだわればどんどんお金が無くなっていきます。
良い道具は高いし、便利な道具もやはり高いです。

今回は、最低限ですので、本当にコレだけは・・・というものを挙げてみました。
ちなみに沙雪は、パテの粘土細工が得意じゃない人間です。パテが固まってからじゃないと、上手く形が作れない・・・「削り」中心の人間です。なので、パテを盛る道具は適当で、削るための道具は多いです。
でも、反対に、パテがやわらかいうちに大体の形をつくる方もいます。その場合には、また揃えたい道具は変わってきます。
自分が、どちらのタイプかは、まあやってみなきゃ分かりません。

では、道具紹介は続きからどうぞ。



まず、無くてはならないもの。

1、デザインナイフ
katta-w.jpg
なんの変哲もないデザインナイフ。以前は、漫画のトーン切りに使用してましたが、今では、バリバリ造形っ子です。削り派はコレがないと仕事できません。模型店で様々なものが出てますし、文具店でも買えます。以前、模型用のものを買ったことがあるのですが、ちょっと大きかったですね。小さい物の方が使いやすいです。(乙女の手にもなじむかと。自分は、手大きいですけどねー。模型用は、多分、もう少し大きなものを削るための物かもしれません)オススメの物・・・・というより、写真のような刃を取付けるトコが金属でてきていて、刃の根本がスマートになっている方が、削っている時に当たらないので良いかと。値段は、500円くらい。ピンキリです。あと、刃は30度鋭角を使ってます。欠けやすいので予備は大量に用意して下さい。

2、彫刻刀
tyokokutow.jpg
へこみとか、デザインナイフで対処できない時の削りには、大変有効です。が、出番が無い時も。
一番、手前の彫刻刀は、直角で細い溝が彫れるタイプ。500円くらいしますが、これ1本あると便利かもしれません。(他は、小学校で使ったものを再利用してます。)画材屋さんの方が手に入りやすいかも。

3、紙ヤスリ 100番、200番、400番、1000番
yasuriw.jpg
紙ヤスリ。これで形を整えていきます。100番?400番ぐらいで形を作って、1000番で仕上げます。数字の大きい方が目が細かいです。番は、適当。お好みでそろえて下さい。値段は、50円?70円くらい。百均でも売ってますが、目の粗い物しかないですね。ホームセンターで買った方が安いです。写真のように短冊切にしビニール袋に入れて使ってます。

4、筆 平筆・面相筆
hudew.jpg
筆は、ピンキリですね。高い物は、やはり良いのでしょう。エアブラシを買うと、大きな筆はあまり使わなくなるような・・・面相筆は必要ですが。初めは、模型店でセットになっているものを買うのが良いかもしれません。あと、百均でも売ってます。その場合は、「ホビー用」を選んで下さい。その他の筆だと毛が抜け落ちます。写真手前に写ってるのは、ダイソーのネイル用筆。夏になると現れる商品。かなり細いのでコチラも使えます。

以上が最低限必要な道具です。
合計金額は・・・・1500円ぐらい(あと、彫刻刀の数とか筆の種類によって上ります。)
材料と合わせたら・・・やっぱり5000円以上はかかりますね。初期投資なので、仕方が無いといえば仕方がないのですが。

続いて、余裕があったら追加したい道具。

5、マスキングテープ
masukinguw.jpg
タミヤのケースに入ったマスキングテープ。もちろん、テープだけでも販売されています。色を塗る時とか線を引く時に使えます。エアブラシがあると大活躍ですが、筆塗りなら要らないかなあ・・・・。値段は、360円・・・高!多分、ケース込みのお値段です。テープだけならもっと安かったはず。百均でもマスキングテープは売ってますが、粘着力が微妙すぎるので買わない方が無難かと。(白いタイプの物はダメっぽいです。)模型店や文具店で購入

6、ピンバイス1,0?
pinbaisuw.jpg
むしろこちらは用意したいところ。穴開けには必要です。写真の物は、ダイソーで買ったピンバイス。ピンバイス、模型用を買うと高いんですよ。ダイソーで見かけたら即買い。見かけなかったら探して下さい。時々、折れちゃいますが・・・・まあ、100円なんでしょうがないです。

7、ニッパー
nippaw.jpg
真鍮線を切るだけの道具。なので、百均で十分。でも、無いと不自由しますね。

8、つまようじ
tumayojiw.jpg
パテ盛りに無頓着な自分は、パテはつまようじで盛ってます。あと、塗料混ぜたり、いろいろ役立ってるかも。百均で量の多いものを選びましょう。

9、綿棒
menbow.jpg
これは意外と必需品かも。ピンキーの目を描く時、塗料のはみ出しなどをふき取ります。
先端の細くなっている化粧用がオススメ。写真のものは、ダイソー商品です。ダイソーぐらい太っ腹に化粧用綿棒詰め込んでくれてる店を見たことがないです・・・。ダイソー様様だ・・・。

ここまでは、個人的にそろえておきたい道具です。
あとは、棒やすりなんかも用意しておくと便利かも。百均でも売ってますし。ついでに竹くしも・・・色塗りして乾燥させる時にさして使います。

以上でしょうか。

その他。タダなので用意して欲しい物
10、卵パック
塗料入れとして使います。リサイクルに回さずに用意して下さい。
塗料入れは、卵パックでも大丈夫なんですが・・・・・
この塗料入れが大好きなので、紹介させて下さい。
torryosaraw.jpg
万年塗料皿。百円で買えるのに、一生使えそうな良いつくりの塗料皿!低価格なのに、この枚数(12枚入り)、しかもこんなに長持ちしそうに作って、この会社は大丈夫なんだろうか・・・と本気で心配しました。あと、この小ささがたまらなく好きです。ちっちゃいーー可愛いーー。卵パックも十分使えますが、塗料皿が欲しくなったら買ってみてください。

11、新聞紙
作業する時は、汚れますから。

12、発泡スチロールの箱
色塗りパーツを乾燥させる時、竹串を突き刺します。

13、愛と集中力と根性
タダだけど、ス○イル0円ぐらい重要です。飽きない、諦めない心で続けましょう。

あと、その他、ハサミやら筆記用具類は、家にある物を使って下さい。

道具は、こんな感じでしょうか?
次回からは、実際に改造してみます。

今回紹介した物


もう一本欲しいですね。300円ぐらいなのかー。










カテゴリ: KAITOピンキーをつくる(立体)

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/545-576a9545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。