遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

最低限の材料と道具でピンキー改造 その3 ?まず、ポーズ!? 

kaipk11w.jpg

前回までで、材料と道具が揃いました。
ではでは、早速、改造を始めてみたいと思います。
では、続きからどうぞ。
今回は、元になるピンキーにポーズをとらせるところまで進めてみます。
元になるピンキーはこんな感じ。
kaipk12w.jpg
ほとんどパテを盛ってしまうので、短パンだろうが、パンツだろうが、全然かまいません。

1、まずは、余分な部分をデザインナイフで削ってしまいましょう。
ピンキーの素材は、ゴムとプラスチックの中間ぐらいな感じなのでサクサク切れます。
KAITOの場合は、髪の毛部分を削った方が良さそうですね。
首周りのモワモワ・・・ダウン?もいりません。
kaipk13w.jpg
お、ちょっとイケメンお兄さんになった?(パンツですけど・・・・)
前髪はまだ長いですね。
靴のパーツも一部削ってます。右足だけ、素材が違うみたいで・・・・ものすごく削りづらいです。コピー防止とかなのかなあ・・・。

2、次は、除光液で色を落とします。あまりキッチリ落とす必要はありません。テキトーテキトー、もう、落とさなくても良いような領域です。ちなみに、削りの後に色を落とすのは、色を落とす範囲が減るため。色を落とした部分を削るのは・・・無駄です。
除光液の使い方・・・・まあ、ネイル落とす時と同じですね。化粧用の「コットン」があると、意外と威力を発揮します。除光液をビシャビシャにつけても色が落ちない場合は、ハズレです。諦めて他の除光液でトライして下さい。

3、色を落としたら、ポーズをつけるために、パーツをバラバラにします。
ここで、ピンバイスと真鍮線を使います。
kaipk14w.jpg
かわいそうなほどバラバラKAITO。
方法としては、接合したいパーツの断面の真ん中に両方とも、ピンバイスで穴を開け、片方に真鍮線さす。残り側にドッキング。これだけ。
腕や脚など、左右を間違えないように・・・・(意外と分からなくなります・・・分からなくなりました・・・)

4、ポーズをとらせてみましょう。
kaipk15w.jpg
こんな感じ?
ポーズが決まったら、瞬間接着剤を接合部分に流し込んで、ポーズが動かないようにします。
一旦、線をとって接着剤を入れるも良し、接合部分につけるも良し・・・動かなければ何でも。

そういえば、やっぱり、作る前にラフイラストとか描いておくとよいと思います。
「ポーズは、だいたいこんな感じ」ぐらいで。自分のイラストは、ショボすぎるので、お見せできませんが、一応、ラフは描いてます。

今回は、ここまで。

ピンキーにポーズをとらせてみましたが、ポーズつけは、初心者向けではないですね。自分も、最初の方は、ピンバイスが手に入らなかった事もあり、ポーズはそのままで、形をあまり変えない改造をしていました。無理にポーズをとらせる必要は無いと思います。初心者の方は、もうそのまま、パーツをばらさずに、パテ盛りに行っちゃって下さい。
ポーズをつけるとフィギュアっぽくなりますが、そのままでも人形っぽくて可愛いと思います。

次回から、パテを盛っていきます。









カテゴリ: KAITOピンキーをつくる(立体)

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/546-2aac4264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。