遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

最低限の材料と道具でピンキー改造 その13 ?ここからが真剣勝負です。? 

さてさて休日もひたすらやすってました。
地道…ジミチ・・・じみち・・・な作業です。
とりあえず、今回は、傷隠しのジミチな作業の途中まで紹介したいと思います。
では、続きからどうぞ。
ちなみにKAITOピンキーの全てのパーツを装備するとこんな感じです。
kaipk61w.jpg
アイスクリームを与えると、アイスにしか興味がなくなるウチのKAITO兄さん・・・・
右手に持っているのは、スプーンです。
でも、きっと、スプーンなんて使わないんだろうな・・・かぶりつきそう。

後ろもこんな感じで。
kaipk62w.jpg
いつものことながら、自分のつくるピンキーは、むしろ後ろ姿の方が好きです。

パーツはこんな感じになってます。
kaipk63w.jpg
腕はまだつながってません。

さてさて、ここまでで、300番ぐらいのヤスリで一応、傷がなくなるように磨いています。大きな傷もパテで埋めましょう。
だいたい傷がなくなったかなあ・・・むしろ、もうヤスリかけ飽きてきたなあと思ったら、今度はサーフェイサー
sahuw.jpg
こちらですね。
塗料の下地剤スプレーをしていきましょう。

と、その前に・・・・
サーフェイサー(通称サフ)を吹き付ける時や乾燥させる時、便利なように、見えない位置にピンバイスで穴を開け、竹串がさせるようにしましょう。
kaipk64w.jpg
こんな風に裏側の見えない部分に穴。
ピンバイスが無い時は、いちいちマスキングテープで割り箸に貼ってみたり、洗濯バサミにくくりつけてました。いちいちメンドクサイので、穴を開けた方が楽ですね。

ここまで終了したら、パテカスなどを取るために水洗いしちゃいます。(自分は。)
よーく乾燥させたら、サフを吹いていきましょう。
kaipk65w.jpg
さて用意もできたし、サフ吹くぞ!

サフ吹きのさいの注意点。

一気にどばっと吹かない・・・ちょっと距離を取る・・・などいろいろありますが・・・・

まず、室内では吹かない!!これ大事です。
どうしても室内でやらなきゃならない場合は、サフ粉が広がらないように何とかしてください。でないと、部屋中が灰色だらけになります。(なりました。)
あと、手についたサフを落とすのは大変なのでビニール手袋をした方がよいですね。防塵マスクとかも・・・
吹き方のポイントは、やはり少すずつ吹く事。最初から灰色にしようとしないで、ちょっと灰色になったら、一旦、乾燥させて、また吹く。吹き方もパーツを横切る感じでスプレーを動かしながら吹き付けます。サーッサーという感じ。それを2、3回繰り返します。
あと、サフを吹く前にスプレー缶は、よーくシェイクしておいて下さい。

そんなこんなでサフ吹き一回目完了。
そう、まだ一回目なんですよね・・・・
kaipk66w.jpg
サフとの付き合いはまだまだ続きます。

カテゴリ: KAITOピンキーをつくる(立体)

テーマ: VOCALOID

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

PAGE TOP

コメント

後姿いいですね~。動きがいいです!
マフラーも何か凄くクルンクルンしてますね。
私も色が付くのが楽しみですよ!

でもこの傷修正凄く地味で辛いですよね。
しかも最近「サフ研ぎ」までしているので凄く長いんです。
でもこれで仕上がり変わりますものね。
地道に頑張って下さい。応援します!

椿(つばき) #- | URL
2009/07/14 14:04 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/566-97530b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。