遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

初心者による初心者のためのガレージキット講座10  

今回は、最後の工程。
塗装後の組立です。

色のついたパーツを組み立てるのはドキドキします。

では、続きからどうぞ。
前回までで、全てのパーツの塗装が完成しました。
DSCF3188.jpg
顔が怖い・・・

組立の前に!
塗装面の「ツヤ」の調整をします。
塗料は「光沢」がほとんどですので、全体的にテカテカになってます。
これにつや消しや半光沢のスプレーを吹いて、不自然なテカテカ感を取り除きます。

使うのは、ラッカー系のつや消しや半光沢トップコートのスプレー缶。
スプレー缶のまま吹き付けるorエアブラシで吹き付けるの選択肢があります。
ちなみに自分は後者。前者の方が簡単なんですけどね。

髪の毛と肌は半光沢。服もセーラー服なので半光沢ぐらいで調整します。
その外の部分は、つや消し。

半光沢は、それほどでもありませんが、つや消しは、吹きかけすぎると表面がザラザラしたり白っぽくなったりするので、注意が必要です。
あまり大量にかける必要はないと思います。
テカテカしなくなったら、それで十分かと。

あと、エナメルを使った顔部分は、「トップコートをかけると溶け出す」という噂があります。
自分は、その状態に陥ったことはないのですけど・・・どうなのでしょう??
一気にスプレーするのが良くないのかもしれません。
気になる方は、目の部分にマスキングをしてからスプレーして下さい。
ちなみに私は、フツーにつや消し吹いて、目の輝きが失せたので、後からエナメルのクリアーを塗り直しました。

スプレーをしたら十分に時間をおきましょう。
乾かないうちに触ると指紋がついたり塗料がとれたり大変です。我慢我慢。

十分に乾燥させたら、組立開始。

組立は、針金と瞬間接着剤を使っています。
人によっては、瞬間接着剤無しで組み立てる場合もあるようです。

今回は、接着剤まで使ってパーツを固定します。
・・・でも、接着剤は少なめで。量が多いとろくなことが起こらない。

パーツの接着の前には、接着面の塗料を落としておきましょう。
接着面に塗料がついていると瞬間接着剤の付きがイマイチ。
綿棒に薄め液をつけて慎重に落とします。必要ないところまで塗料が落ちたら大変です。

準備ができたらパーツを組み立てます。
途中で組めなくならないように、組み立て順序は、きちんとシュミレーションしてから実行しましょう。
DSCF3190.jpg

こんな感じで進めて、全部のパーツが接着できたら完成です。

次回は、完成品写真。





カテゴリ: ガレージキットを作る(立体)

[edit]

PAGE TOP

コメント

こんばんわ。
ものすごく遅ればせまして恐縮ですが、レイコさん完成おめでとうございます。
完成画像を拝見して、目の塗り方がフィギュアっぽくない感じできれいだなぁと思いました。
「夏目友人帳」っぽくていいと思います♪

ちなみに私はこの記事でご紹介されている、いわゆる「つや消し」の作業がとても苦手です……。

「吹きかけすぎると表面がザラザラしたり白っぽくなったりするので」
↑こうならないように気をつけると、スプレー吹いてもちっともつや消えてくれないのが悩みの種ですorz

そうこ #- | URL
2009/11/11 00:05 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/681-14905c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP