遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

KAITOガレージキット作製その7 ?サフ鬼教官との戦い? 

今回はサーフェイサーを吹きます。

サーフェイサーと書いて鬼教官と読む。
そんなサフとの戦いです。

では続きからどうぞ。
せっかく組み立てたKAITOをばらします。
ばらした後は、2回目の洗浄。
パーツをクレンザー+中性洗剤で洗って汚れと手の油を落とします。
kaitogk4-1.jpg
洗えました。
ちなみに今回、針金は仮組みの時に片方だけ接着しています。
組立の時に、また針金切ってー差し込んでーというのが面倒かなと思いまして。

マスキングテープは洗浄後に貼りました。
こちらも接着面の塗装を落とすのが面倒かなーと思ったため。
でも、意外とマスキングを貼る方が面倒でした。(素直に塗装を落とした方が良いかも)

洗浄が終わったら、あまり手でベタベタ触ってはいけないらしいですね。手油手油!

そして、サーフェイサー吹いていきます。
今回も白サフ
kaitogk4-2.jpg
乾燥中。うーやっぱり傷が浮き出てきた!
鬼サフー。ホント、鬼教官だよ!

「まあ、お義母様ったら老眼のくせに、傷だけはよく見えるんですね!!」

と、何となく嫁姑戦争みたいな関係になりつつあるなーサフと自分。
とりあえず、サフの指摘はごもっともなので、傷が無くなるまで表面をツルツルにします。

白ラッカーパテを使うもよし、接着剤を練りこむもよし・・・
ヤスリは600番ぐらいを使いました。

目に見える傷はやっつけましょう。
極小の傷なら塗装中に消せますが・・・塗装で傷は隠せないと思っていた方が良いと思います。

随時サフのチェックを受けつつ。

表面がツルツルになったら下地処理完成。

カテゴリ: ガレージキットを作る(立体)

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/884-1e3909ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP