遊ぶ小舟ブログ

女子向けなフィギュアを作ってます。WFにも参加中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

初心者が告白するサフレス失敗談。 

と題しまして、初「サフレス」処理で失敗したことを恥ずかしげもなく書いていこうと思います。
自分の失敗を振り返り、なおかつ、これからサフレスをされる方の参考に・・・そして、経験者の笑いものになれば、これ幸い。

では、続きからどうぞ。ちなみにサフレスで参考にさせていただいたのは、いつものコトブキヤの本ぐらいです。
でも、読んでも意味が分からなかった。正直なところ。
サフレスってこれ!と正しい方法が未だに分かりません。

そんな初心者が失敗した点


その1、表面処理とチェックのタイミングを逃した。

その2、下地のホワイトを吹かなかった。



他にもイロイロありますが、大きな失敗はこの2点。

詳しく書きますと・・・

「その1」の表面処理のタイミング。
某所では「白サフを吹きかけて、一旦落として、プライマー吹きかける」と説明されていたのですが、
「そんな面倒な処理するの、マニアかオタクだけだろ?」と、きっぱりと無視した結果、
「いつ表面チェックするんだ?」
という状況に陥りました。
透明サフもプライマーも、超甘々教官です!
傷は全然指摘してくれませんでした!
そして、その甘さに甘えてたまま塗装を始めたら・・・何故か今更浮かび上がる傷の数々→塗装でバッドエンド。

ああ、白サフ教官!
貴方の厳しさは正しかった!
「そうだ。私がお前達に厳しくするのは、戦場で生き延びて欲しいからだ。ただそれだけだ。」
そうか・・・あの鬼のような指摘は、「塗装」という名の戦場で我々が生き延びるための愛のムチだったんですね。
今、ようやく白サフの愛が分かりました。
表面チェック無しで塗装に入るのは危険すぎます。バッドエンド確実です。
やっぱり、面倒でも白サフで表面チェックをしてから、一旦落として、改めて下地処理をすべきだと実感。


・・・でも面倒だな。(白サフでもいいんじゃね?と思う瞬間その1)


「その2」の下地のホワイト。
これも、解説の「パーツには下地にホワイトを吹き付けておきましょう」を無視。
今回のガレキは色がピュアホワイトだし、サフレスなのに下地ホワイト吹いてどうするよ?と反骨精神で挑んだ結果。
「気泡処理跡が塗装しても消えませんでした。」
ガレキを詰め込んでいるとはいえ瞬間接着剤自体は透明なので微妙に跡が残ります。
ホワイトで隠せば何とかなりますが、それしなかったんだもん。当然ですよね。
濃い色のはまだ何とか隠せました。が、肌色部分はダメですね。
接着剤じゃなくてシアノンなら大丈夫なんだろうか・・・いや、その前に素直にホワイト下地に吹いておけばいいのか?
でも、ホワイト吹くのと白サフをエアブラシで吹くのって同じじゃないのか?
途中から面倒になってホワイトとプライマー混ぜて吹いてたし・・・

・・・違いが分かる男になれない。(白サフ・・・以下略)

多分、何かが違うんだよね!
サフレス!
肌と白目は、やっぱりサフレスの方がキレイな気がします。

もう少しやり方を学んでから挑戦した方が良いかもしれません。


カテゴリ: ガレージキットを作る(立体)

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobune.blog120.fc2.com/tb.php/906-eed2a8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。